内村鑑三「余は如何にして基督信徒となりし乎」を読む

多磨霊園にある内村鑑三の墓所 世の中にはわからないことがたくさんあるが、とりわけわからないことは宗教ではないだろうか。イスラム教とは一体何なのか。なぜ中近東では戦争が絶えないのか。
 イスラム教だけではない。一応日本に浸透されている仏教について、どれほどの日本人が仏教を理解しているのであろうか。江戸時代、日蓮宗の信徒と浄土真宗の信徒はたいへん仲が悪かった。門外漢からみれば、同じ仏教ではないかといいたくなる。
 日本には仏教の他に神道並びに儒教が根を張っている。神道とは?儒教とは?
 江戸時代にもいわゆる隠れキリシタンと呼ばれるキリスト教信徒はいたのだろうが、明治になって合法的にキリスト教が日本に入ってきた。
 このキリスト教は欧米人の考え方の土台となる宗教であるが、私はよくわからない。私はドストエフスキー・トルストイ・ジッドなどキリスト教を追求したといわれる作家たちの作品を読んだが、キリスト教の本質はわからないままである。おそらくドストエフスキーの思い描いているキリスト教とトルストイのそれとはだいぶ違うのではなかろうか。
 キリスト教は訳の分からないものであるが、そのキリスト教のために人生を捧げた人は歴史上に五万といる。彼らを突き動かしたものは何なのだろうか。
 明治以降の日本において代表的なキリスト教信徒の一人は内村鑑三である。内村と同窓の新渡戸稲造も敬虔なるキリスト教信徒であるが、キリスト教という観点では、内村の方が格は上である。
 ところが、歴史上では内村はキリスト教というよりは、<第一高等中学校不敬事件>の当事者として有名である。この事件は、内村が第一高等中学校の教師をしているときに起こった。内村は檀上の明治天皇の御真影に頭を下げなかったのである。内村にいわせると、頭は下げたが、深々とは下げなかったということである。これを見た学生たちが騒ぎ出し、新聞も大きく取り上げ、内村は世間から断罪された。結局、内村は第一高等中学校を辞めざるを得なかった。
 キリスト教はすんなりと明治の社会に溶け込んだわけではなかった。明治時代には、江戸時代のキリシタン政策の雰囲気が色濃く残っていて、キリスト教に帰依した人たちは迫害された。キリスト教信徒になったばかりに、家を追い出された嫁もいた。ほとんどの日本人はキリスト教を邪教と思っていた。そのような状況で、内村はキリスト教の普及と研究に身を捧げた。
 内村はなぜキリスト教にのめり込んでいったのか。私はかなり以前から内村に関心をもっていたが、今回、初めて内村の代表的著作である「余は如何にして基督信徒となりし乎」を読んだ。自伝的要素が多く、かなり難解な本である。もともとは英語で書かれたものであるが、日本語に翻訳された。この事からもわかるように、この本は日本人に向けて書かれたものではなく、欧米人に向けて書かれたものである。欧米では、この本の評価はたいへん高い。
 おもしろいのは、<何故(なぜ)>ではなく、<如何(いかに)>であることである。
 内村鑑三は1861(万延2)年に高崎藩士の長男として、江戸で生まれた。内村がキリスト信徒になったのは、札幌農学校に入学してからである。内村が入学したときは、開校2年目で、まだあのクラークがいて、農学校はキリスト教に染まっていた。内村たち2期生は、上級生からキリスト教に帰依するように半ば強制された。内村は悩んだ末、キリスト教に帰依した。洗礼名は自らヨナタンと名乗った。
 一旦、キリスト教信徒になると、内村は仲間たちと一緒にキリスト教の普及に努めた。キリスト教には教会が必要だからといって、教会を建設するための運動もした。教会は建設された。
 農学校を卒業した内村は官吏になるが、キリスト教の普及の勤めはやめなかった。そして、キリスト教を極めるために、キリスト教の国であるアメリカに渡った。
 アメリカでは最初、精神病院で看護師として勤務した。私が興味深く思ったのが、内村のアメリカに対するイメージが日本にいたときと実際にアメリカを見たときとは大きく違ったことである。日本にいるときは、内村はアメリカは豊かで人種差別などないと思っていた。ところが、アメリカには、貧しい人が大勢いるし、何よりも驚いたのは人種差別の激しさであった。黒人はいうまでもなく、白人同士も差別しあっていた。<隣人を愛せよ>のキリスト教の国で、人がいがみ合っていたのである。当然、日本人も差別された。
 内村は精神病院の勤めに疲れ、キリスト教の研究をするために、アマースト大学に入学した。内村は伝道者になる道を選んだのである。
 大学を卒業すると、いよいよ異教の地である日本に帰って、キリストの布教に勤めた。
 内村が唱えるキリスト教はカトリックでもプロテスタントでもなく、無教会主義とよばれる。私がこの本を読んで、それなりにキリスト教の本質は何かと考えてみるに、キリスト教を信じるとは、イエス・キリストと人格的に一体化することであると思った。

<名所・旧跡をめぐって>

横浜海岸教会 写真は、横浜にある日米和親条約締結地のとなりに建っている横浜海岸教会です。教会の案内には<我が国最古のプロテスタント教会につながる由緒ある教会堂。明治8年(1875)鋳造のの鐘を今も開港広場に鳴り響かせている。鐘塔の屋根の庇と塔の庇が重畳するなど、個性的な造形がこの建物の魅力。>と記されています。
 横浜開港と同時に、それまで鎖国体制の日本にキリスト教が堰を切ったように押し寄せてきました。外国居留地には教会が建設され、外国人宣教師によって学校が開校されました。現在でもその時に開校された学校が大学、高校となり教育を施しています。

 併せて読むと、内村鑑三が少しわかるかもしれません。
内村鑑三「代表的日本人」を読む


にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ


余は如何にして基督信徒となりし乎 (岩波文庫 青 119-2)余は如何にして基督信徒となりし乎 (岩波文庫 青 119-2)
(1958/12/20)
内村 鑑三

商品詳細を見る
名作を読む一 日本を語れる日本人になる名作を読む一 日本を語れる日本人になる
(2013/03/12)
数学道場・作文道場

商品詳細を見る

<数学道場・作文道場からのお知らせ>

作文添削指導 4回10,800円 送料無料

 社会で成功する法則はありませんが、失敗する法則はあります。人と上手に交わることこそチャンスに巡り会うことが出来ます。成功の鍵はコミュニケーション力であり、伝える言葉であり、相手の意見に耳を傾けることです。コミュニケーションとは要領よく立ち居振る舞いすることとは全く違います。話す言葉で相手はあなたの力量をはかり判断します。
 資格試験を修得すればそれだけで事が進むということはありません。資格試験を賢く用いるためにはソフトスキルが必要です。ソフトスキルとは、コミュニケーション力、語学力などを指します。
 ソフトスキルを鍛えるためには、文章を書くことが必要です。文章が書けない人が人前で論理的に話すことはできません。文章を書く上での正しい形を覚えるにはやはりいい文章を読んでみることです。いい文章をたくさん読むと自然にいい文章の形が頭に残ります。
 古典といわれる「名作」ほど私たちにいい文章を提供してくれるものはありません。「名作」をじっくりと読み、そしてそれの読後感を書くことで、読解力、表現力、思考力が身に付いてきます。書くことにより、話すことばが洗練され大きく変化していることに実感することになります。


名作を読むiOSアプリ名作を読むiOSアプリ
 日本文学・世界文学の中からたいへん有名な名作の感想文を載せました。まず、感想文を読んでから、名作そのものを読むことをおすすめします。名作というのは長きに渡って読む継がれたもので、人類の財産といってもよいものです。名作を読むと教養が身に付くだけでなく、心を豊かにしてくれます。名作は未来永劫光り輝き続けます。この世に生をうけて、名作を読まないのは寂しいことです。
 「名作を読む」は今回が第一弾ですが、これからも継続していきます。





テーマ : 読書感想文 - ジャンル : 小説・文学

Tag : 内村鑑三 余は如何にして基督信徒となりし乎

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)