奈良を旅して

奈良 大原の里 藤原鎌足の生誕地


 さくら満開の奈良飛鳥に観光に行ってきました。1400年前の風景を偲びました。写真は、「大原の里 藤原鎌足の生誕地」です。案内板には次のように案内されています。
< 藤原鎌足は、「大織冠伝」(760年頃成立)によると、推古天皇22年(614年)、大倭(大和)国高市郡の人として、藤原の第(邸宅)に生まれたと記されている。藤原は、現在のここ明日香村小原(おおはら)の地である。
 すぐ右手の田園には、明治初年まで、「藤原寺(とうげんじ)」(鎌足誕生堂)が立っていて、江戸時代後期に、国学者の本居宣長も訪れている。
 鎌足は、中大兄皇子(後の天智天皇)を助けて、「大化改新」を推進する偉業をなし遂げた。669年、臨終の床で、天智天皇から、最高位の「大織冠(だいしょくかん)」の冠位を与えられ、その後、一千年以上も続く藤原氏の祖となった。
 飛鳥坐(あすかにいます)神社より通じるこの道は、ここから東へ上ること約4kmの山頂にある、鎌足を祀る「談山(たんざん)神社」への表参道である。
 ここ太原神社の奥の竹田川のほとりのは、「藤原鎌足産湯の井戸」、左手の森には、鎌足の母「大伴夫人」の墓がある。
 また、当神社の正面左手には、天武天皇と鎌足の娘の藤原夫人との間に交わされた、万葉集の歌二首を刻んだ石碑がある。>

テーマ : 読書感想文 - ジャンル : 小説・文学

Tag : 藤原鎌足 奈良飛鳥 天智天皇 大化の改新

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)