頼山陽「日本外史(下)」を読む

広島県竹原市 頼山陽銅像


 「日本外史(下)」は大きく徳川氏の歴史を扱っている。巻之十五から巻之二十二までである。

 巻之十五 徳川氏前記 豊臣氏 上
 巻之十六 徳川氏前記 豊臣氏 中
 巻之十七 徳川氏前記 豊臣氏 下
 巻之十八 徳川氏正記 徳川氏 一
 巻之十九 徳川氏正記 徳川氏 二
 巻之二十 徳川氏正記 徳川氏 三
 巻之二十一徳川氏正記 徳川氏 四
 巻之二十二徳川氏正記 徳川氏 五

 豊臣氏の盛衰を描き、徳川氏が大坂夏の陣に勝利して真に天下統一をなし、長い平和な時代の礎を作ったところで、この大部の歴史書は幕を閉じる。

広島県竹原市 頼山陽詩碑


 「日本外史」はいわゆる通史ではない。「史記」の列伝のように、一人の人間に焦点をあてて、それらを時代順に書き並べている。そのため、最終局面は、織田氏・豊臣氏・徳川氏の三氏の歴史をそれぞれ扱うが、内容的に重複している。しかし、織田氏は織田信長、豊臣氏は豊臣秀吉、徳川氏は徳川家康を中心に描かれるので、同じ内容であっても、見方が違うので新鮮である。
 長い時間をかけて「日本外史」を読み終わったのであるが、最後の文に出会って、私はなぜ、頼山陽がこの膨大な歴史書を書いたのかに思い当たった。その文とは以下の文である。

 嗚呼。これ其の長く天下を有(たも)ち、以て今日の盛業を基(もとい)する所以なるか。

 私は初め、「日本外史」とは日本の黎明期から書き起こしたものと思っていたが、実際は、平安時代末期の平家の盛衰から書き起こしている。いはば武士の時代の歴史を書いているのである。
 「日本外史」を読んでみるに、平家の時代から大坂夏の陣までは、国は乱れに乱れていたと、いまさらながら思う。内乱につぐ内乱、戦につぐ戦である。約500年もの間、日本は平和から遠ざかっていたのである。そんな中、徳川家康は政権をとると、日本はそれまでになかった長い平和な時代を享受することになる。それまでの過程を頼山陽は思い入れたっぷりに書き上げているのである。
 次は、家康が近臣を諭した言葉である。

 凡そ所謂(いわゆ)る忠とは、豈に独り徳川氏に忠なるのみならんや。乃ち天に忠なるなり。我もまた天に忠なる者なり。

 この「天」が何を意味するかは、議論百出するところであるが、「日本外史」の大きな流れの中で、天皇ととってもよいのではないか。
 「日本外史」の大きな流れとはやんごとない天皇家の存在である。天皇家をないがしろにする輩は亡びていくのである。この大きな流れの中で、足利尊氏は悪しざまにいわれ、新田義貞は褒められる。 
 徳川家は新田義貞から出ていると頼山陽は記す。長い格闘の末、天皇に忠を尽くした徳川家が天皇を上に頂きながら、天下を平和に導いたと、頼山陽はいいたかったのであろうか。
 本当のところ、勝海舟もいっているように、徳川幕府はかなりの援助を天皇家にしている。この「日本外史」が松平定信に献じられたとき、定信が喜んだのもわかる。

 「日本外史」は歴史書というより、「平家物語」「太平記」などと同様に、歴史文学であると私は思った。
 「日本外史」は漢文(岩波文庫は読み下し文)で書かれている。文章は簡潔でリズミカルで力強い。一級の文学作品である。
 江戸時代の文学というと、井原西鶴・近松門左衛門の作品のようにかなで書かれているものを思い浮かべるが、漢文で書かれた名作も豊富にあることを知るべきである。



にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ


日本外史 上 (岩波文庫 黄 231-1)日本外史 上 (岩波文庫 黄 231-1)
(1976/09/16)
頼 山陽

商品詳細を見る

日本外史 中 (岩波文庫 黄 231-2)日本外史 中 (岩波文庫 黄 231-2)
(1977/05/16)
頼 山陽

商品詳細を見る

<広島県竹原市を訪ねて>

 写真上は、頼山陽の出身地に建っている頼山陽の銅像です。写真下は、銅像の並びに建っている頼山陽の詩碑です。詩碑には次のように刻まれています。

<不識庵 機山 (ふ しきあんのき ざん)を撃つ圖に 題す
鞭聲 肅肅  夜 河を過る,
曉に見る 千兵の 大牙を擁するを。
遺恨なり 十年 一劍を磨き,
流星 光底 長蛇を逸す。>

広島県竹原市街並み

 写真上は、広島県竹原市のいにしえの町並みです。江戸時代は、製塩と酒造で繁栄しました。建物は、漆喰壁と飴色の格子がいにしえの浪漫を漂わせています。

広島県竹原市 竹鶴政孝・リタ夫妻像

広島県竹原市 竹鶴酒造

竹鶴酒造の案内板

 竹原市は、NHK連続ドラマで好評を得た「マッサン」の舞台になったところです。写真上から、竹鶴政孝・リタ夫妻の銅像です。写真中は、竹鶴酒造です。写真下は、竹鶴酒造の案内板です。

<東京都内にある徳川家に所縁の場所を訪ねて>

江戸城天守閣跡地 写真左は、江戸城本丸御殿跡地です。案内板に次のように書かれています。
< この天守台から見える大芝生とその周辺には、江戸城本丸御殿の建物が建ち並んでいました。本丸御殿は,表(おもて),中奥(なかおく)、大奥(おおおく)という三つの空間に分かれていました。
 表は、将軍の謁見など公式な儀式・行事、幕府諸役人の執務の場で、中奥は将軍の日常生活、政務を執る場、大奥は御台所(みだいどころ)と呼ばれた将軍の正妻をはじめ家族や女性たちの生活の場でした。>


小田原 一夜城跡地 写真左は、石垣山一夜城(小田原市)跡地です。案内板には次のように書かれています。
< 石垣山一夜城は、最高地点の天守台の標高が二六一.五mあります。小田原城の本丸より二二七m高く、また小田原城までの距離はわずか三kmと近く、眼下に小田原城やその城下はもとより、足柄平野や相模灘、遠くには三浦半島や房総半島をも望むことができます。小田原城包囲軍の指揮をとるには最も適した場所といえます。
 この城が石垣山一夜城又は太閤一夜城と呼ばれるのは、築城にあたり、山頂の林の中に塀や櫓の骨組みを造り、白紙を張って白壁のように見せかけ、一夜のうちに周囲の樹木を伐採したためと言われています。しかし、実際には約四万人が動員され、天正十八年の四月初めから六月下旬までの八十日間が費やされました。・・・>
 写真の真ん中あたりに小田原城が見えます。


芝増上寺 台徳院殿霊廟 写真左は、芝増上寺に建立されている台徳院霊廟惣門(だいとくいんれいびょうそうもん)です。江戸幕府第二将軍徳川秀忠は寛永9(1632)年に薨去しました。霊廟は増上寺境内南側に設けられました。
 写真下は、増上寺にある徳川家の霊廟です。案内板には次のように案内されています。< 戦災に遇うまで、増上寺の南側に二代将軍秀忠、北側に六代家宣、七代家継などの御霊廟があった。これらは当時の建築技術の粋を結集したもので、各々国宝の指定を受けていたが、現在は入口の「鋳抜門」と二代将軍宝塔にその面影を残しているに過ぎない。
 将軍のほかには、静寛院宮(和宮、家茂の御台所)、崇源院(家光の母、お江与)、桂昌院(綱吉の母、お玉)などが合葬されている。>

増上寺 徳川廟


上野 寛永寺 徳川霊廟 写真左は、上野寛永寺に建立されている徳川綱吉霊廟勅額(ちょくがく)門です。案内板には次のように書かれています。
< 五代将軍綱吉は、延宝八年(1680)五月に兄・家綱の死に伴って将軍の座につき、宝永六年(1709)一月十日に六十三才で没した。法名を常憲院(じょうけんいん)という。綱吉ははじめ、善政を行い「天和(てんな)の治」と讃えられたが、今日では「生類憐みの令」などを施行した将軍として著名。
 元禄十一年(1698)九月、この綱吉によって竹の台に寛永寺の根本中堂が建立された。造営の奉行は柳沢吉保、資材の調達は紀之国屋文左衛門と奈良屋茂左衛門である。又、それに伴って先聖殿(せんせいでん 現湯島聖堂)が上野から湯島に移されている。
 綱吉の霊廟は宝永六年の十一年に竣工したが、それは歴代将軍の霊廟を通じてみても、もっとも整ったものの一つであった。ただ、その一部は維新後に解体されたり、第二次世界大戦で焼失した。この勅額門と水盤舎は、その廟所と共に、これらの災を免れた貴重な遺構である。勅額門の形式は四脚門(しきゃくもん)、切妻造(きりつまづくり)、前後軒唐破風付(ぜんごのきからはふつき)、銅瓦葺(どうかわらぶき)。>

文京区 伝通院 写真左は、文京区にある伝通院です。この辺りには江戸時代から由緒ある寺院が多い中でも伝通院は徳川家康の生母於大(おだい)の方の墓所として名高い。慶長14年(1609年)の創建というこの寺にはまた、数奇な運命をたどった2代将軍秀忠の娘千姫をはじめ、将軍の子女・側室などが眠っている。

 
伝通院 千姫墓所 写真左は、伝通院に眠っている千姫の墓所です。案内には次のように書かれています。
< 慶長二年~寛文六年(1597~1666)、二代将軍秀忠の娘。慶長八年(1603)幼少の身で豊臣秀頼に嫁し、大阪城にはいる。
 元和元年(1615)城を出て翌年桑名城主・本多忠政の子、忠刻と再婚するも死別とともに天樹院と号して江戸に帰り竹橋に住む。>

伝通院 孝子墓所 写真左は、三代将軍家光の御台所孝子の墓所です。案内には次のように書かれています。
< 慶長七年~延宝二年(1602~1674)、孝子は三代将軍徳川家光の正室、前関白鷹司信房の娘。元和九年(1623)京都から江戸に下り江戸城西の丸に入る。寛永二年(1625)家光と結婚するが、公家出身で武家の生活になじめないまま七十三歳で没す。>

上野東照宮 五重塔 写真左は、上野東照宮に建っている五重塔です。案内板には次のように案内されています。
< 元和二年二月見舞いのため駿府城にいた藤堂高虎と天海僧正は危篤の家康公の病床に招かれ三人一処末永く魂鎮まるところを造って欲しいと遺言された。そこで高虎の家屋敷であるこの上野の山に寛永四年(1627年)に本営を造営した。その後将軍家光はこの建物に満足出来ず慶安四年現在の社殿を造営替えし、江戸の象徴とした。>

上野東照宮 唐門 写真左は、上野東照宮に建っている唐門(唐破風造り四脚門)です。案内板には次のように書かれています。
< 日本には一つしかない金箔の唐門である。扉には梅に亀甲の透彫、門柱には左甚五郎作昇竜(右)降竜の高彫、門の側面左右上部の松竹梅に錦鶏鳥の透彫など非常に精巧を極めたものである。>

 ここに記したものは徳川家の菩提寺を中心に書きました。菩提寺の周りには門前町が広がり現在でも繁栄しています。江戸時代は260年続いたので、現在でも文化として色濃く残っており、日本人の心に浸透しています。
 現在話題になっている訪日外国人の観光目的は、日本の文化です。その文化の基礎を築いたり、支援・保護してきたのは江戸幕府です。

日本外史 上 (岩波文庫 黄 231-1)日本外史 上 (岩波文庫 黄 231-1)
(1976/09/16)
頼 山陽

商品詳細を見る

日本外史 中 (岩波文庫 黄 231-2)日本外史 中 (岩波文庫 黄 231-2)
(1977/05/16)
頼 山陽

商品詳細を見る
名作を読む一 日本を語れる日本人になる名作を読む一 日本を語れる日本人になる
(2013/03/12)
数学道場・作文道場

商品詳細を見る


名作を読むiOSアプリ名作を読むiOSアプリ
 日本文学・世界文学の中からたいへん有名な名作の感想文を載せました。まず、感想文を読んでから、名作そのものを読むことをおすすめします。名作というのは長きに渡って読む継がれたもので、人類の財産といってもよいものです。名作を読むと教養が身に付くだけでなく、心を豊かにしてくれます。名作は未来永劫光り輝き続けます。この世に生をうけて、名作を読まないのは寂しいことです。
 「名作を読む」は今回が第一弾ですが、これからも継続していきます。


テーマ : 読書感想文 - ジャンル : 小説・文学

Tag : 頼山陽 日本外史 竹原 マッサン 竹鶴酒造

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)