羽佐田直道「小説 三井高利」を読む

三重県松阪市 三井家発祥地

 日々、新しい会社が立ち上がるが、そのほとんどが3年ももたない。大企業に成長する確率は、それこそ宝くじの一等に当たるより低いのではあるまいか。
 しかし、生き残る会社は生き残る。日本には100年以上存続している会社は五万とあるし、中には500年以上も存続している企業もある。
 江戸時代、日本の社会は建前上、士農工商という身分社会であった。武士の身分が一番高く、次に農民・職人・商人と続く。商人は表向き身分が一番低かった。商品を右から左に動かすだけで利益を得るからである。売るということがいかに大変かを江戸幕府は知らなかったらしい。身分が低いからといっても、商人の力は絶大であった。
 明治維新はブルジョア革命かという議論がある。尊皇攘夷だけで果たして維新が遂行できたか。徳川幕府を倒すには理念だけでは何ともならない。兵を動かすには多額の軍資金が必要である。その軍資金は誰が出したか。豪商といわれる人たちである。実は、官軍といわれる討幕軍のスポンサーは、身分が一番低い商人たちであったのだ。
 では、なぜ商人たちは官軍のスポンサーになったのか。自分たちを卑しめた幕府が憎かったからか。そうではなく、幕藩体制のままだったら、国が亡びると、大商人たちはするどい経営感覚で感じとっていたのである。
 江戸時代には、札差という金融業があった。札差は武士たちに金を貸して、暴利を貪り、莫大な利益を上げていた。1つぐらい札差の中から、明治にも生き残って大銀行でも作ればよかったが、札差は幕府の瓦解とともに消えてしまった。
 ところが、同じ金融業でも越後屋は明治まで生き残り、三井銀行に変身して、日本の国を豊かにする原動力となった。
 札差と越後屋の違いは何だったのか。これは長い間の疑問であったが、羽佐田直道の「小説 三井高利」を読んで氷解した。

松阪城跡

 現代の三井グループは、300年以上前に日本橋に創業した越後屋をそのルーツとする。なぜ300年以上も企業が存続し、なおかつかくも巨大になったのか、誰もがそのノウハウを知りたいところだ。
 「小説 三井高利」はいわゆる越後屋の創業者の三井高利の伝記風の小説であるが、中身はかなり経営本に近い。ただ、他の経営本と決定的に違うのは、この小説では、大商店に成長した越後屋に対して、晩年の高利が深い悩みを抱いているということである。その悩みを聞くのが、何と、松尾芭蕉である。
 著者の羽佐田は、巨人といわれた数々の伝説の経営者に雑誌記者としてインタビューし、自らも書店の経営に携わったという経験の持ち主で、経営者の内面を深く追求すべき、この小説を書いたのであろう。だからこそ小説の形態にし、松尾芭蕉を登場させたのかもしれない。越後屋の成功譚など、西鶴の「日本永代蔵」を出すまでもなくいろいろと書かれている。この小説のすばらしいところは、功成り名を遂げても、高利が越後屋の未来を心配しているところにある。越後屋の未来はとりもなおさず日本の未来である。
 とにかく経営者はこの本を一度は目を通すべきだろう。示唆するところ大である。
 私がこの本で最も感動したのは、金融業として大名貸しをした高利が、大名貸しに見切りをつけて、本格的に呉服店を江戸で経営することを決意するくだりである。
 高利は大名貸しを非生産的だと見なす。高利は、金を融通するのは、何か新しいものを生み出す投資にならなければという信念をもっていた。大名に貸した金はただ赤字補てんのために消えるばかりである。
 投資は、狭くは自分の住む土地を豊かにし、広くは日本を豊かにするものであると高利は考えていた。17世紀後半に、高利は銀行業の本質をとらえていたのである。ここが、札差とは多きな違いである。

 士農工商といって、商人を蔑んだ幕府ではあるが、三井高利のような真の実業家を生んだ江戸時代もなかなかの時代だと思う。

本居宣長旧邸


にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

<三井家に関連する名所・旧跡を巡って>

 写真上は、三重県松阪市にある三井家発祥地に建っている屋敷です。案内板がかすれてよく読めないため、松阪市のホームページには次のように案内されていたので引用します。<  江戸時代屈指の豪商であった三井家は、松阪本町から、やがて「江戸店持京商人(えどだなもちきょうあきんど)」となって天下に飛躍していったが、発祥地はその父祖の記念の地である。豪商三井家の創業の祖は3代高利(たかとし)(1622~94)であるが、ここには白粉町来迎寺より移した初代高俊と2代高俊の墓、高利の長兄らの供養碑などがある。また高利の産湯(うぶゆ)に使ったという伝承のある井戸があり、発祥の地の記念碑も建つ。
 三井家は高俊の代に松阪に居宅を構え、この発祥地周辺に広い地歩を占めていた。しかし、本格的な江戸進出を果たした高利は、京都に居宅を移し、松阪には一族と松阪店を置き、藩の御用も勤めさせた。やがて、18世紀初頭には呉服、両替の店13軒を三都に構える繁栄振りであった。
http://www.city.matsusaka.mie.jp/www/contents/1324944445425/index.html

 写真中は、松阪城跡です。案内板には次のように記されています。
< 松阪城は、蒲生氏郷(がもううじさと)が天正16年(1588)この四五百森(よいほのもり)に築城した平山城である。
 蒲生氏郷が陸奥黒川(現在の福島県会津若松市)へ移封後、天正19年(1591)に服部一忠、文禄4年(1595)に古田重勝と城主が変わり、元和5年(1619)に徳川頼宜が和歌山藩主となると同時に和歌山藩領となり、以降、明治になるまで勢州領(松阪・田丸・白子等)18万石を統轄する城代が置かれてきた。・・・
 明治14年(1881)松坂公園となり、現在に至っている。>

 写真下は、松阪公園内にある本居宣長記念館に設置されている本居宣長像です。記念館の他に本居宣長旧宅があります。本居宣長も松阪が生んだ偉人です。

松阪駅

松阪牛 すき焼き

 写真上は、JR東海の紀勢本線・名松線と、近鉄の山田線が乗り入れている松阪駅です。 
 写真下は、松阪といえば松阪牛を思い浮かべる人も多いと思います。和牛の最高峰ブランド牛です。老舗のお店ですき焼きに舌鼓を打ちました。

東京たてもの園 三井八郎右衛門本邸

 写真上は、東京都小金井市のたてもの園に建っている三井八郎右衛門本邸です。案内板には次のように記されています。
< 本邸は日本の近代史に三井財閥として名を残した三井同族十一家の総領家、三井八郎右衛門高公(みついはちろううえもんたかきみ)氏の第二次世界大戦後の住宅である。1906年(明治39)以降の本邸であった今井町(現、港区)の邸宅が戦災により焼失した。そのため財閥解体を経た1952年(昭和27)に麻布笄町(あざぶこうがいちょう)(現、港区西麻布三丁目)に本邸を建築して移り住んだ。この本邸が三井八郎右衛門邸である。
 西麻布本邸は京都・大磯(神奈川県)・用賀(世田谷区)・今井町にあった三井家に関連する施設から建築部材、石材、植物などが集められて建築が行われている。邸内からは財閥が繁栄していた頃の男爵三井家の威勢を窺うことができる。・・・>

中央区日本橋室町 三井本店

中央区日本橋室町 三越本店

旧国立第一銀行発祥地

三井本店 本店内部

 写真上は、東京日本橋に建っている三井本店と三越本店の玄関に座っているライオン像です。
 明治維新後、明治政府は三井家に対する諸御用の任命を、経済関係官庁が未整備だったために、経済政策技術を補う目的で、三井の巨商に期待しました。そのために1872年(明治5年)越後屋呉服店を三井の本流から切り離しました。1876年に三井銀行を創業し、また同年に井上馨と益田孝によって設立された商社先収会社の解散を機に益田に三井物産会社を創設させました。その後には官営工場を三井や三菱に安く払い下げを行いました。

 三越は、延宝元年(1673)に「越後屋」として創業しました。「三井呉服店」を経て、「三越呉服店」となり、大正3年(1914)には、鉄筋コンクリート造による大規模な百貨店の新築を行いました。

 写真下は、現みずほ銀行兜町支店に取り付けてある国立第一銀行の案内板です。国立第一銀行の設立には三井が大きく関わっています。当時の番頭であった三野村利左エ門は、その後の三井の躍進に大きな影響を与えました。その下の写真は、三井本店の店内です。

千代田区大手町 三井物産本社

港区長谷寺 井上馨墓所

 写真上から、三井物産本社、西麻布にある長谷寺にある井上馨墓所です。

江東区 採茶庵 松尾芭蕉像

江東区清澄公園 松尾芭蕉 古池や 石碑

 写真上から、東京都江東区にある採茶庵(さいとあん)跡です。 俳人松尾芭蕉は、元禄2年3月27日(1689)採茶庵から「おくの細道」の旅に出発しました。小説「三井高利」の冒頭は部分は、京にて郷土の先輩である松尾芭蕉と面会している場面です。
 写真下は、採茶庵の傍にある清澄公園内に建っている名句「古池や」の石碑です。

 併せて読むと、日本の近代産業の成り立ちがよくわかります。
林洋海「<三越>をつくったサムライ 日比翁助」を読む
白崎秀雄「鈍翁・益田孝」を読む
出町譲「九転十起 事業の鬼・浅野総一郎」を読む
渡辺房男「儲けすぎた男 小説安田善次郎」を読む
渋沢栄一「現代語訳 論語と算盤(そろばん)」を読む
小林一三「私の行き方」を読む
宮田親平「『科学者の楽園』をつくった男」を読む
山嶋哲盛「日本科学の先駆者高峰譲吉」を読む
中村建治「メトロ誕生」を読む
中村建治「山手線誕生」を読む
青山淳平「明治の空 至誠の人 新田長次郎」を読む
嶋岡晨「小説 岩崎弥太郎 三菱を創った男」を読む
山田義雄「花は一色にあらず」を読む
松永安左エ門「電力の鬼 松永安左エ門自伝」を読む
砂川幸雄「森村市左衛門の無欲の生涯」を読む
砂川幸雄「大倉喜八郎の豪快な生涯」を読む

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ




名作を読む一 日本を語れる日本人になる名作を読む一 日本を語れる日本人になる
(2013/03/12)
数学道場・作文道場

商品詳細を見る


名作を読むiOSアプリ名作を読むiOSアプリ
 日本文学・世界文学の中からたいへん有名な名作の感想文を載せました。まず、感想文を読んでから、名作そのものを読むことをおすすめします。名作というのは長きに渡って読む継がれたもので、人類の財産といってもよいものです。名作を読むと教養が身に付くだけでなく、心を豊かにしてくれます。名作は未来永劫光り輝き続けます。この世に生をうけて、名作を読まないのは寂しいことです。
 「名作を読む」は今回が第一弾ですが、これからも継続していきます。

テーマ : 読書感想文 - ジャンル : 小説・文学

Tag : 羽佐田直道 三井高利 松阪 三越

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)