上念司「経済で読み解く 大東亜戦争」を読む

東京都池袋 巣鴨プリズン跡地 永久平和を願っての石碑


 今まで、太平洋戦争についての本はたくさん読んだが、どの本を読んでもいささか違和感を覚えた。なぜあの戦争が起こったかの納得する解答がなかったからだ。表面的な取り繕った解答はある。曰く、軍部が暴走したからだ。
 なぜ戦争が起こるのか?この解答をいつも軍部に求めていたらいつまでたっても太平洋戦争の本質は掴めないであろう。
 確かに、太平洋戦争において軍部が戦争を主導したのは事実であるが、なぜ軍部が戦争をしなければならなかったのか。昭和12年の日中戦争は日本が満州に進出したことが原因といわれているが、なぜ日本は満州に進出したのか。それなりの経済的・国際的な理由があったのではないのか。日中戦争を関東軍の暴走が原因とだけいっても何の解明にもならないであろう。なぜ満州に進出したかが解明できなければ、太平洋戦争がなぜ起こったかわからない。歴史学者の書いた歴史書では、あたかも軍部の一人相撲によって戦争が起きたみたいに書かれている。
 2・26事件の首謀者である青年将校たちの第一のスローガンは、国を変えて虐げられた人たちを救うことにあった。当時の日本は不況で、多くの人たちは苦しみ、特に東北の農村地帯では農民は塗炭の苦しみを味わった。2・26事件は右翼革命でも何でもなく、ロシアで起こった社会主義革命と同じである。事件の理論的指導者の北一輝は社会主義者であった。青年将校たちは革命を起こして外国と戦争をしようとなど露とも思っていなかった。彼らは国を憂いていたが、右翼ではなかった。
 軍部が戦争を主導するのは結果であって、戦争の真の原因は他に厳然と存在する。それはとりもなおさず経済である。経済がよければ戦争はしないものである。金持ち喧嘩せずは、国同士にもあてはまる。経済のよい国が戦争をするのは、国益を大きく失う脅威に直面するときである。もし、昭和初期の日本の経済状態がよかったら、あの太平洋戦争はなかったに違いない。

広島県呉市 大和ミュージアム 戦艦大和10分の1模型


 上念司の「経済で読み解く 大東亜戦争」は目からウロコの名著である。大東亜戦争とは太平洋戦争のことである。戦後、日本に駐留したアメリカの占領軍が先の大戦のことを太平洋戦争と命名したのである。現在の太平洋戦争史観といわれているものの原型は占領軍によって意図的に作られたものである。歴史は戦争の勝者によって作り変えられることを肝に銘じるべきだ。
 上念はものの見事に太平洋戦争の元凶をあげている。それは金本位制である。金本位制は、近代史では超有名なテクニカルタームで、入試にはかならず出るといってよい。だが、金本位制という言葉は有名でもその実態はよく知られていない。金本位制が経済にどのような影響を与えるのかはわからない。そもそも金本位制がいい制度なのか悪い制度なのかもわからない。
 血盟団事件で凶弾に斃れた井上準之助は金本位制を復活させた中心人物であるが、あの城山三郎が井上のことを小説で美化していたので、私は金本位制とはいい制度なのかと思っていた。ところが、上念は井上のとった政策が日本を戦争に導いたと示唆している。経済をよく知っているという城山はこのことを認識していたのであろうか。
 上念は金本位制ほど悪いものはないといっている。その理由をわかりやすく論理的に説明しており、私はやっと金本位制なるものがよくわかった。そして、遅ればせながらデフレというものは恐ろしいものだと理解した。
 結論からいうと、金本位制のもとでは貨幣は金の保有量しか発行できないので、経済の成長は止まってしまう。資本主義社会で、経済の成長が止まるのはそれは死を意味する。結局、戦争という究極の選択をせざるを得ないのである。

 この本の中にはお決まりの軍部批判は顔を出さないし、東条英機も出てこない。戦争を起こさない方法は一つだけである。それは国を豊かにすることである。



にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ





 毎年8月は、日本では先の大戦の記憶が至る所で蘇ります。昨年は戦後70年で、周辺の国々でいろいろなことがありました。今年は、広島原爆死没者慰霊碑に、アメリカの現職大統領であるオバマ大統領が慰霊のために訪問しました。これからは、歴史として先の大戦を客観的に見ていく契機になるんだろうと思います。
 写真上は、東京池袋にある巣鴨プリズン跡地に建っている「永久平和をを願って」の石碑です。写真下は、広島県呉市にある大和ミュージアムに展示している戦艦大和の10分の1の模型です。

<青山霊園、多磨霊園>

青山霊園 井上準之助墓所

 写真上は、東京青山霊園井上準之助墓所です。余談ですが、井上はゴルフの普及を目的に、現駒沢公園にゴルフ場を作りました。井上がゴルフを始めたきっかけは、ニューヨークで新井領一郎らに出会ってからです。
 ブログ「名著を読む」には『ハル・松方・ライシャワー 広中和歌子訳「絹と武士」を読む』の読後感を掲載しています。ハル・松方・ライシャワーの祖父は新井領一郎です。

青山霊園 浜口雄幸墓所

 写真上は、東京青山霊園にある浜口雄幸元首相の墓所です。
 ブログ「名著を読む」には「浜口雄幸「随感録」を読む」の読後感を掲載しています。浜口雄幸内閣の官僚の中には、元内閣総理大臣小泉純一郎の祖父である小泉又次郎氏が逓信大臣として入閣しています。別名を「いれずみ大臣」「いれずみの又さん」と呼ばれていました。

多磨霊園 広田内閣大蔵大臣 馬場暎一像

 写真上は、多磨霊園に建っている広田内閣の大藏大臣を務めた馬場暎一の像です。像の近くに馬場暎一の墓所があります。馬場と同じ区画にゾルゲ事件首謀者の尾崎秀美、小説家の有島武夫・三島由紀夫の墓所があります。著名人の墓を見学すると、その後の、歴史の評価がある程度わかる気がします。お供えの花や線香が絶えない墓所と雑草が伸びて管理が行き届いてない墓所があります。尾崎秀美は後者で、三島由紀夫は前者でした。
 
多磨霊園 斎藤実元首相墓所

 写真上は、多磨霊園にある元首相で2.26事件で亡くなった斎藤実の墓所です。斎藤実は、現在の岩手県出身で後藤新平とは幼馴染でライバル関係にありました。今思えば、ものごとがわかっている要人を失ったことは、その後の日本の進路に大きなマイナスをなりました。海軍大将、朝鮮総督を歴任しました。

多磨霊園 連合艦隊司令長官 山本五十六墓所

 写真上は、多磨霊園にある連合艦隊司令長官山本五十六墓所です。斎藤実の墓所の前にあります。何か斎藤が山本を見つめている感じがします。ちなみに、山本の墓所の隣には東郷平八郎の墓所があります。

 「名著を読む」では、次に挙げた感想文が戦争に関するものです。これらの本だけでも戦争についてや憲法の成り立ちについて、国連加盟など多くのことが書かれ、知ることができます。また、戦前アメリカに渡って、彼の地で事業を立ち上げ順調に軌道に乗っていた矢先に日本人排斥で事業が終わった人や台湾、満州国で事業を行い敗戦後没収された人もいました。読んで何を思うかは自由です。自分で自分の意志が伝えられるようになってほしいものです。


にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ




名作を読む一 日本を語れる日本人になる名作を読む一 日本を語れる日本人になる
(2013/03/12)
数学道場・作文道場

商品詳細を見る


名作を読むiOSアプリ名作を読むiOSアプリ
 日本文学・世界文学の中からたいへん有名な名作の感想文を載せました。まず、感想文を読んでから、名作そのものを読むことをおすすめします。名作というのは長きに渡って読む継がれたもので、人類の財産といってもよいものです。名作を読むと教養が身に付くだけでなく、心を豊かにしてくれます。名作は未来永劫光り輝き続けます。この世に生をうけて、名作を読まないのは寂しいことです。
 「名作を読む」は今回が第一弾ですが、これからも継続していきます。

テーマ : 読書感想文 - ジャンル : 小説・文学

Tag : 上念司 経済で読み解く 大東亜戦争 永久平和を願って

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)