ソリー・ガノール「命のロウソク 日本人に救われたユダヤ人の手記」を読む

早稲田大学 杉原千畝石碑


 「戦争反対」はいやというほどに、そしてうんざりするほどきいた。しかし、戦争はなくならない。人類は戦争を欲しないが、人類は戦争を必要としているのだ。そろそろ本気に戦争は起こるものだという前提にたって、極力戦争を起こさないようにする方法を考えるべきだろう。
 ナチスの残酷さ、そして大日本帝国の悪質さは何度もきかされたが、なぜナチスがあれほど残酷になり得たのか、なぜ大日本帝国が無謀な日米開戦に向かわざるを得なかったのかの真剣な議論を公にきいたことがない。
 戦後70年以上もたっているが、世界は第2次世界大戦の勝者である5つの大国によって実質上支配されている。この体制を維持するためには、敗者であるドイツと日本は永久に悪の帝国でなければならない。5つの国が善でドイツと日本が悪なのである。しかし、この構図そのものが本質的に戦争を起こす要因ではないのか。
 ヒットラー1人を歴史上まれに見る独裁者として弾劾するのは簡単である。だが、どうしてヒットラーのような人間が出てきたのであろうか。ヒットラーは合法的に、いや民主主義的に国民による選挙で選ばれた国のリーダーなのである。ヒットラーが悪ければドイツ国民にも責任があるはずだ。それ以上に、勝者であるイギリス・フランスの責任はどうなのか。 
 もし、第1次世界大戦の戦後処理で、イギリス・フランスが主導してドイツにあれほど過酷な賠償を課さなければ、ドイツでナショナリズムが高揚してヒットラーが出現することはなかったのではないのか。当時のドイツは建国してまだ間がなく、いわゆる新興国であったが、工業が発達していて急速に成長しており、既得権をもつ大国であるイギリス・フランスの存在を脅かしていた。イギリス・フランスは、ドイツが第1次大戦で負けたのを機に、二度と自分たちに刃向わないように、過酷な賠償をドイツに課したのである。これには、あのケインズが猛烈に反対した。この巨額な賠償が、ドイツ人のナショナリズムに火を付け、第2次戦争が生じたのである。まさに滑稽の極みである。
 
 ナチスに虐げられたユダヤ人のソリー・ガノールの手記「命のロウソク 日本人に救われたユダヤ人の手記」を読んで深く私は考えさせられた。
 副題の「日本人に救われたユダヤ人の手記」は日本の読者向けに付けられたものであろう。実際、ソリーは杉原千畝に接し、杉原の行動に賛辞を惜しまず、ナチスが崩壊しつつあるとき、収容所で瀕死のソリーに初めて手を差し伸べたのが日系人アメリカ兵のクレランス・マツムラ軍曹であったことを記している。日本人としてたいへん誇らしいが、それ以上に私は手記の内容に衝撃を受けた。
 最も衝撃を受けたのは、ナチスでない右翼のリトアニア人がユダヤ人に対して残酷の限りを尽くしたことである。ナチスとほとんど変わりがない。私は、リトアニア人とナチスの残虐の限りを尽くした描写を読むにつけ、ユダヤ人が哀れでしようがないと思う以上に、なぜ、ユダヤ人はこれほどまでに嫌われるのかということを思った。嫌われるというより、憎悪そのものである。
 ユダヤ人はヨーロッパ中で嫌われている。ヒトラーはこの心理を利用し、ユダヤ人をこの世から抹殺することに共感を得ようとしたのである。なぜ、ユダヤ人が嫌われるのか、これがわからないと、あの戦争の本質はわからない。

 人種差別は現在も厳然として存在する。中東ではナチス以上に残虐な組織(彼らは国と称しているが)が我が物顔で、悪行のしたい放題である。第2次世界大戦のユダヤ人虐殺は現代的な問題でもあるのだ。
 この本のすばらしさは、「アンネの日記」と違って、作者が生き残ることだ。ぜひこの本を読んで、戦争と人種差別そして狂信的なナショナリズムについて考えてほしい。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ



 ブログ「名著を読む」では、今までに戦争に関連する本を多数読んで感想文を載せてきました。戦争までの足跡はもちろんのこと、敗戦処理から、憲法の成り立ち、国連加盟など多くのことを知ることができました。とても残念だったのは、戦前アメリカに渡って、彼の地で事業を立ち上げ順調に軌道に乗っていた矢先に日本人排斥で事業が終わった人や台湾、満州国で事業を行い敗戦後没収された人もいました。読んで何を思うかは自由です。自分で自分の意志が伝えられるようになってほしいものです。


にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ




名作を読む一 日本を語れる日本人になる名作を読む一 日本を語れる日本人になる
(2013/03/12)
数学道場・作文道場

商品詳細を見る


名作を読むiOSアプリ名作を読むiOSアプリ
 日本文学・世界文学の中からたいへん有名な名作の感想文を載せました。まず、感想文を読んでから、名作そのものを読むことをおすすめします。名作というのは長きに渡って読む継がれたもので、人類の財産といってもよいものです。名作を読むと教養が身に付くだけでなく、心を豊かにしてくれます。名作は未来永劫光り輝き続けます。この世に生をうけて、名作を読まないのは寂しいことです。
 「名作を読む」は今回が第一弾ですが、これからも継続していきます。

テーマ : 読書感想文 - ジャンル : 小説・文学

Tag : ソリー・ガノール 命のロウソク日本人に救われたユダヤ人の手記 杉原千畝

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)