石平「韓民族こそ歴史の加害者である」を読む

上野公園 征韓論 西郷隆盛像


 昨今の中国・韓国の歴史問題における日本非難がすさまじい。日本は歴史を直視せよとの大合唱である。特に、韓国は慰安婦問題を取り上げ、日本・韓国両国政府での合意を無視して恥じることがなく、あろうことかさらに日本を責めている。
 韓国の国際常識無視を糾弾するのは簡単であるが、まず、考えなければならないことは、何故、慰安婦問題がこれほどまでに大きくこじれることになったかである。
 そもそも、慰安婦問題は韓国から提起されたものではない。朝日新聞の捏造記事によって、突然歴史に登場したのである。朝日新聞は三十年以上もこの記事が誤報であることを認めなかった。私が問題視するのは、日本国民が三十年以上も朝日新聞に誤報を認めさせることができなかったことである。
 これは、国民が心の底で、「日本は過去、韓国に対して非道なことをしたのではないか」と思っているからでないか。日本人は、戦後、当たり前のように、戦前の日本は諸外国に多大なる被害を与えたと教わってきた。学校の日本史の授業では日本の悪口のオンパレードであった。テレビでは現在でも戦前の日本を否定的に堂々と報じている。いわば、生まれ落ちたときから、私たちは、戦前の日本は悪だと刷り込みされて育ってきたのである。歴史問題の根本は日本人の歴史認識にあるのではないかと、私は思う。
 はたして、戦前の日本は本当に悪であったのか。ぜひとも、日本人は自ら学習して確かめなければならない。とりもなおさず、歴史問題は日本人が歴史に対して無知であるという問題でもある。中国人・韓国人の問題ではない。

品川 伊藤博文霊廟


 韓国の歴史は現在それこそ数え切れないほど出版されているが、韓国の全歴史を通じて本質的かつ論理的かつわかりやすく述べている本の一つとして石平氏の「韓民族こそ歴史の加害者である」を上げる。
 この本は非常にわかりやすくそして説得力がある。おそらく、この本一冊で、韓国という国がどのようにして諸外国(中国・日本・ロシア・アメリカ)と通じていたのかがわかる。そして、韓国という国の他の国とは全く違う性格がよくわかる。
 結論からいうと、韓国は自らがいうような、被害者であることは歴史上一度たりともなく、つねに、諸外国を自国の紛争に巻き込む加害者であったことである。中国も日本もアメリカも被害国であったのだ。
 時代を、三国(高句麗・新羅・百済)時代・高麗時代(元寇の時代)・朝鮮王朝(近代化の時代)・朝鮮戦争の時代(戦後)の四つの時代に分けて、詳しく述べている。
 たとえば、一番新しい歴史である朝鮮戦争のことである。この戦争では、五百万人以上の人が死んでいる。中国軍もアメリカ軍も多大なる戦死者をだした。しかし、本来なら、この戦争は三か月で終了し、被害もごくわずかであった。それを韓国初代の大統領である李承晩が、何の戦略も知恵もなく、ただ自らの願望のために、いたずらに戦線を拡大していった。結局、朝鮮は統一されず、五百万の死者をだしながら、三十八度線はなくならなかった。これなら、金日成の北朝鮮軍が攻めて来てから三か月でやめてもよかったのである。李承晩の野望のために三年以上も戦争を継続した。中国とアメリカは多大なる被害を蒙ったのである。
 韓国は自分の国の始末を自分の国の力で行うことができないのである。つねに外国にたよる。そして、かならずその協力してくれる外国を裏切る。これは韓国の歴史を通して一貫している。現在も同じような状況である。

常盤橋 渋沢栄一像

ホテルオークラ 大倉喜八郎像


 この本を読むと、日本人の独立の精神がいかにすばらしかったのかをしみじみと思いだす。なぜ、勝海舟が江戸城の無血開城を許したのか。大きな理由は外国が日本の内乱に介入することを防ぐためだ。韓国は同じ韓国人の政敵を排除するために、外国の力を借りた。韓国には根本的に自主独立の精神がないのである。このような国が本当に北朝鮮と統一できるのであろうか。ドイツとは全く似ても似つかない国である。
 韓国に関する本を揶揄して嫌韓本というらしいが、石平氏のこの本は韓国を卑下したものではない。まさに、歴史的事実を述べているだけである。ぜひとも、韓国を批判する前に読んでほしい。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ




 上の写真は、明治時代に朝鮮半島に関係した人たちです。日本では尊敬されている偉人ばかりです。上から上野公園に建っている征韓論の西郷隆盛像、大井町にある初代朝鮮統監の伊藤博文霊廟、朝鮮人を雇用してインフラを整備し、学校を設立して人材を育てた常盤橋に建っている渋沢栄一像とホテルオークラ大倉集古館にある大倉喜八郎像です。

テーマ : 読書感想文 - ジャンル : 小説・文学

Tag : 石平 韓民族こそ歴史の加害者である

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)