百田尚樹「戦争と平和」を読む

靖国神社 遊就館 戦闘機


 経営戦略にランチェスター戦略というものがある。経営者なら一度は耳にする有名な経営戦略で、実際、多くの経営者がこの戦略を学び、経営に活かしている。
 私もこのランチェスター戦略なるものを真剣に学んだことがある。ランチェスター戦略はもともとは経営戦略ではなく、戦争に勝つための戦略であった。
 私は、ランチェスター戦略を学んでいるうちに、太平洋戦争で日本がなぜ負けたかを理解し、そしてとても悲しくなった。日本が負けたから悲しくなったのではない。日本のために戦った兵士たちのことを思って悲しくなったのである。
 ランチェスター戦略の目標は、ただ勝つことではなく、損害量を最小限におさえて勝つことである。勝っても損害量が大きくてはダメなのである。ランチェスター戦略が最終的に目指すところは、兵士を一人も失わずに勝つことであった。日本はといえば、兵士の命のことなど考えずに、ただ相手を負かすことだけを考えた。アメリカの兵士の命の重さと日本の兵士の命の重さは月とスッポンほどに違ったのである。日本がアメリカに負けるのは当然であった。
 日露戦争において、約五万人の命を失って勝った二百三高地の戦いもランチェスター戦略においては最も悪い勝ち方であった。
 ランチェスター戦略には大きく二つの戦い方がある。確率戦と一騎打ちの戦いである。確率戦とは戦争における空中戦のように、高度な武器を使って敵と遠く離れて戦う戦い方で、一騎打ちの戦いとは戦争における地上戦のように敵と直接戦う戦い方である。確率戦においては、戦力比が兵力比の二乗になり、勝った時の損害量が少ない。一騎打ちの戦いにおいては兵力比がそのまま戦力比になる。たとえば、兵力比が2:1の場合、確率戦、一騎打ちの戦いの戦力比はそれぞれ4:1、2:1になり、勝ったときの損害量は確率戦で兵力の4分の1、一騎打ちのときの損害量は2分の1になる。そのため、なるべく確率戦にもっていこうとする。現在のアメリカ軍が地上戦を嫌うのはこのためである。
 確率戦の最たるものは飛行機を使った戦いであり、太平洋戦争でアメリカ軍が大量の爆撃機を使って日本中を空襲したのはさも当然のことである。湾岸戦争ではアメリカはまさにランチェスター戦略に則って行った。
 アメリカが日本より優れていたのは兵器だけでなく、兵士の命を日本よりもはるかに尊重していた。

東京九段 靖国神社

靖国神社 大村益次郎の像


 百田尚樹の「戦争と平和」は、日本が戦争をしないでいかに平和でいられるかを論じた名著である。巷間いわれているような戦争を美化する本ではまったくない。
 この本を読んで、私はすぐにランチェスター戦略のことを思い出した。いかに時の日本の戦争指導者が兵士の命を軽く扱っていたことか。
 百田は徹底的に日本のゼロ戦とアメリカのグラマンを比較する。なるほど、ゼロ戦はアメリカも驚くほどのすばらしい機能があって攻撃力は抜群であったが、いかんせん、防御力がおそまつであった。対するグラマンは攻撃力はゼロ戦よりはるかに劣るが、防御力が抜群であった。ゼロ戦は一旦劣勢になるとあとは戦闘員は死ぬだけであった。グラマンは傷ついても戦闘員がなるべく助かるように設計されていた。この違いは何からくるのか、それは、兵士の命を大事に思うかどうかである。
 百田はゼロ戦だけでなく、日本の軍隊そのものが、効率性・合理性をことごとく欠いており、最終的に兵士自身の精神的・肉体的な力に頼っていると指摘する。百田は、日本の軍隊には戦略というものがなく、やみくもに命を的に一騎打ちをしかけていると主張しているようだ。
 百田は、日本の軍隊とアメリカの軍隊の兵士の扱いが根本的に違うことを論理だって分析している。いろいろな本で日本の軍隊が兵士の命をないがしろにしているとは書かれているが、この本のようにアメリカと日本との兵器・戦略の面での比較で書かれているのはめずらしい。この一事をもってしても百田が一流の分析力をもっている作家だということがわかる。
 この本は大きく、ゼロ戦とグラマン、自著「永遠の0」、現在の護憲派について書かれているのだが、護憲派についての記述を読むと、今更ながら護憲派という人間の本性には呆れる。いかに明解な論理で説得しても、護憲派の考えを変えることは、がちがちのイスラム原理主義者をキリスト教に帰依させることよりも難しいと感じる。
 護憲派の世界では、論理が論理でなくなる。今の日本の一番の問題はこのことであろう。なにしろ戦争を否定し、日本の国を守ろうとしている平和主義者の百田のことを戦争賛美者の右翼というのだから。

 百田尚樹とはどのような人かを知りたいなら、先入観なしで、この「戦争と平和」のゼロ戦とグラマンの記述だけでも読んでほしい。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

 



 上の写真は靖国神社参拝時に撮影したものです。上から遊就館に展示している戦闘機、靖国神社の鳥居、大村益次郎の像です。

Yasukunijinjya_syaden.jpg

 写真上は、靖国神社の社殿です。

靖国神社 遊就館

靖国神社 遊就館 機関砲

靖国神社 遊就館 機関車

 写真は靖国神社遊就館の展示物を撮影したものです。上から、遊就館の建物、機関砲、機関車です。

靖国神社 パール博士顕彰碑

靖国神社 特攻隊士を讃える像

靖国神社 護国海防艦の石碑

 写真上は、靖国神社境内に建立されている石碑を撮影しました。上から、パール博士顕彰碑、特攻隊士を讃える像、護国海防艦の石碑です。

靖国神社 参道

靖国神社 神道無念流練兵館跡の石碑

>靖国神社 境内にある「空の新兵」の歌詞板

 写真上から、靖国神社の参道。神道無念流練兵館跡の石碑・案内板、「空の新兵」の歌詞板です。



テーマ : 読書感想文 - ジャンル : 小説・文学

Tag : 百田尚樹 戦争と平和

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)