松尾龍之介「長崎蘭学の巨人─志筑忠雄とその時代」を読む

 江戸時代の数学を和算という。和算の大家としては関孝和が有名である。和算はある意味高度に発展してその計算技術はある分野において西洋の数学をはるかに超えていた。円周率の値も小数点以下50位ぐらいまで求められている。
 和算の内容は現代の数学でいうと、方程式・数列・行列・微分積分などである。また、和算は天文学にも利用され、日食が起こる日付けを正確に割り出した。幕府の天文方にはたくさんの和算家が勤務していた。
 和算の計算技術は深くなったが、時代が江戸から明治になるとともに和算は廃れていった。西洋数学に駆逐されたといってよい。
 では、なぜ和算はなくなる運命にあったのであろうか。その1つの理由が、西洋数学が原理・原則を深く追求し、その思考過程を論理的に体系化したのに対し、和算がただ計算の技術のみを追求したことである。もっというと、西洋数学にはそれを支える哲学が存在したが、和算にはなかった。あったとしてもそれは自然哲学とはほど遠い朱子学の観念的な教えである。和算は単なる芸にすぎなかった面もある。
 自然を解明するためにはそれなりの哲学が必要である。その哲学がない日本の江戸時代には当然のごとく物理学という学問も存在しなかった。窮理とか格物致知とかいわれるものがあったが、物理学とはほど遠いものである。西洋ではガリレオ・ニュートンなどによって自然哲学が構築され、それを土台として物理学が飛躍的に進歩した。
 日本の江戸時代には幕末を除いて物理学者はいなかったし、まして近代科学の精神である自然哲学を理解している人はいなかったと少なくとも私は思っていた。

 松尾龍之介著「長崎蘭学の巨人─志筑忠雄とその時代」<弦書房>は衝撃的な本である。この本を読んで、日本に志筑忠雄みたいに近代科学の精神を理解している人間がいたことに正直私は驚いた。志筑みたいな人間が志筑が生きた18世紀後半から19世紀初めにかけているはずがないと私は思っていたからだ。
 この本には第1章から衝撃的な内容がのっている。志筑は何と真空を作り出す実験をやっているのである。歴史上、真空を人工的に作り出すのはトリチェリーの実験が最初だといわれているが、志筑はこのトリチェリーの実験を行っていたのである。
 実験用の器具をそろえる困難さよりも、私は志筑が真空という概念を知っていたことに驚愕した。その少し前まで、西洋でも真空というものはよく理解されていなかった。長らく西洋の自然観はアリストテレスの自然観に支配されており、アリストテレスはこの世に真空なるものは存在しないとしていたからである。まして、日本において真空の概念があろうはずがなかった。
 この本は副タイトルが示すように志筑忠雄というオランダ通詞について書かれたものである。志筑は中野氏の出で、オランダ通詞の志筑家の養子となった。幼名を忠次郎といった。1760(宝暦10)年生まれで、1806(文化3)年に没している。
 志筑は単なるオランダ通詞ではなかった。蘭書とくに自然科学系統のものを多く訳している。志筑はそれらの蘭書を通して、西洋で湧き起こりつつある近代科学の精神を習得しはじめた。おそらく志筑は近代科学の精神を吸収した初めての日本人ではなかろうか。
 志筑は空飛ぶ船すなわち飛行船に非常なる興味をもっていた。志筑は飛行船の気球の中は真空で、そのため浮力が働いて飛行船が空を飛ぶのではないかと推論する。
 志筑は蘭書を訳すにあたって、現代でもよく使われる日本語を創った。引力・重力・浮力・求心力・速力・動力・加速などの物理学用語のほかに、地動説・天動説・真空・楕円・衛星のような天文学の用語は志筑が創った言葉である。また、志筑は自然科学関係だけでなく、歴史・オランダ語の文法関係の蘭書も訳している。鎖国・形容詞・副詞・直接法・不定法などの言葉も志筑の創作である。
 物理学・文法において、私たちは知らずしらず志筑の恩恵を蒙っていたのである。

 志筑はやはりこの本のタイトルが示すように巨人であったのだろう。志筑だからこそニュートンの万有引力にせよ、地動説にせよ深く興味をもったともいえる。
 とにかく、「長崎蘭学の巨人─志筑忠雄とその時代」は、志筑忠雄という江戸時代いや日本の歴史上稀にみる大天才の残した業績を十分に堪能させてくれる。たいへんおもしろくそして教養を深めてくれる本でもある。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ


長崎蘭学の巨人―志筑忠雄とその時代長崎蘭学の巨人―志筑忠雄とその時代
(2007/12)
松尾 龍之介
商品詳細を見る

テーマ : 科学・医療・心理 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 長崎蘭学の巨人─志筑忠雄とその時代

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)