宮本常一「民間暦」を読む

 日本は明治になるまで、暦は太陽太陰暦なるものを採用していた。これは太陽暦と太陰暦をたして2で割ったような暦である。
 太陽暦とは太陽の動きを中心に考え出された暦であり、太陰暦とは月の動きを中心に考えだされた暦である。太陽暦は地球は太陽を約365日で1周するという法則から作りだされ、太陰暦は月は約29.5日で地球を1周するという法則から作りだされたものである。
 日本の太陽太陰暦が作りだされた土台となる考え方は、つねに月の真ん中は満月で月の初めは新月であり、1年を平均して365日に保つというものである。それで、ひと月を29日(小の月)または30日(大の月)と定めた。ところがこれでいくと1年が365日に満たない。そのため閏年なるものが考え出された。ある月が連続に現れる年のことである。3月の次の月が閏3月になったこともある。閏年は13ヶ月からなる。
 定期的に閏年が現れてくると、1年は平均して365日に保たれるのだが、季節が少しずれてくる。それで考え出されたのが24節季というものである。24節季は閏年に関係なく、1年を24の季節に分けたものである。今がどの季節であるかをきけばそのときの気候状況などがすぐにわかるという。つい最近までこの24節季は暦を代表するものであった。因みに、24節季とは次の24の季節のことをいう。

立春(現在の2月4日以下同)、雨水(2月19日)、啓蟄(3月6日)、春分(3月21日)、
清明(4月5日)、穀雨(4月20日)、立夏(5月6日)、小満(5月21日)、芒種(6月6日)、夏至(6月21日)、小暑(7月7日)、大暑(7月23日)、立秋(8月7日)、処暑(8月23日)、白露(9月8日)、秋分(9月23日)、寒露(10月8日)、霜降(10月23日)、立冬(11月7日)、小雪(11月22日)、大雪(12月7日)、冬至(12月22日)、小寒(1月5日)、大寒(1月20日)

 昔の日本人はこれら24節季を非常に身近なものとして扱った。それは季節が直接、米の生産に結びついたからである。
 日本人にとって米を作ることは一番大事な仕事であった。米を作ることはすべてにまさっていた。だからこそ暦はとても大事なものであったのである。

 宮本常一の「民間暦」は日本の年中行事について考察したものである。節分の豆まき・ひな祭り・端午の節句などの年中行事は数えあげたらきりがない。民俗学者の宮本は、柳田国男、折口信夫らに触発されて、でき得る限り年中行事を調べあげ、それら厖大な年中行事が行われる土台となる論理を探った。その論理追求の過程が「民間暦」には詳しく述べられている。
 結論からいうと、宮本は、日本の年中行事の土台となっている論理はいたって単純で<神を迎え、神を送る>ということを形を変えて、繰り返し行っているということである。 日本人にとって神はすべてを司るものとして絶対的なものである。とくに米の生産に直接結びつく季節・天候を司る神に日本人は畏怖を感じた。
 日本人は神を敬い、そして神に対していろいろと施しをした。人間と神をつなぐのがお宮であった。そのため祭りはお宮主催で行われ、能・神楽などもお宮で行われた。お宮は日本人にとってとても大事な場所であったのである。

<宮の祭りに列したものが宮より持ちかえって家族近隣とわかち食うものを宮げとよび、これがいまの土産(みやげ)の語になったのである。>

 神といかに結びつくか。形を変えて、神を迎えたり、神を送ったりする儀礼が様々の年中行事になったと宮本が推論する。
 鬼も神の化身だと宮本はいう。
 
<ナマハゲは東北ばかりでなく、南の島々にもあらわれた。屋久(やく)島では年の夜にくるものであって、オタケから下りてくる山の神だといっている。顔をつつみ蓑(みの)をまとい、腰に大刀をさしているあたりまで、ナマハゲとそっくりである。これが家々を訪れて、いうことをきかない子供があると戒めていった。>

 現代では、私たちは神の存在はほとんど意識しなくなっている。ところが、現代でも日本中到るところで祭りはさかんである。その祭りは人間と神をつなぐ儀式なのである。私たちは何といっても神を大事にしてきた人たちの子孫であるということを「民間暦」を読んで、私は痛切に感じた。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ


民間暦 (講談社学術文庫)民間暦 (講談社学術文庫)
(1985/12/05)
宮本 常一
商品詳細を見る

テーマ : 文明・文化&思想 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 民間暦

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)