イ サンクム「半分のふるさと」を読む

 劇作家のつかこうへいが亡くなった。「熱海殺人事件」を読んだときの感動はいまだに忘れられない。
 つかこうへいは遺書を残した。それには葬儀一切せず、時期をみて骨は韓国と日本の間の対馬海峡に散骨してくれというものであった。私はつかこうへいが在日韓国人であったことを思いだした。
 つかこうへいのように功成り名を遂げた人でも在日韓国人としてのこだわりはあったのであろうか。私は日本で生まれ、日本で育ち、日本語を話し、日本の文化伝統を理解している人は日本人だと思っている。そのような意味において私は在日といわれる人たちは日本人だと思っていたのだが、それはあくまでも日本人の論理かもしれない。在日の人たちは日本人であると同時に、祖国はやはり朝鮮半島であるに違いない。2つの祖国をもつ人たちなのであろう。

 イ サンクム著「半分のふるさと」(福音館)を読んで、私は在日の人たちの複雑な胸の内を垣間見た気がした。
 著者のイ サンクムは昭和5年に広島県に生まれた朝鮮人を両親にもつ在日朝鮮人の女性であり、終戦直後まで日本にいて、それから祖国韓国へと帰国した。生まれてから15年間日本人として日本で過ごしたことになる。
 「半分のふるさと」は物心がついてから韓国に帰国するまでのことを綴った回想記である。当初、私はこの本を読むのに抵抗感があった。おそらく日本の悪逆非道をあげつらった内容ではないかと思ったからだ。ところが読み始めて、私の予想はいい意味で裏切られた。日本人が在日朝鮮人に対して理不尽なことをしたことは書かれているが、著者が日本のことを深く愛していることが読み取れたからである。タイトルが示すように彼女にとっては日本は半分のふるさとであった。愛情を込めて彼女は戦前の日本の生活を思い起こしている。
 著者の名前は漢字で書くと季相琴で、日本名は金村ヒロ子である。おそらく当時の朝鮮人にとって一番屈辱的だったのは創氏改名ではなかったろうか。私は強制的な創氏改名によって著者の一家が日本名をもたなければならなくなったくだりを読んだとき、ドーデの「最後の授業」を思いだした。この小説は普仏戦争でドイツに敗れたフランスのある地方で、フランス語の使用が禁じられ、代わりにドイツ語の使用が強制されたときのことを扱っている。愛する母国語を失うフランス人の悲しみが見事に描かれている。
 創氏改名は母国語を失うことと同じくらいの悲しみであろう。朝鮮人は名前を非常に大切にする。その名前を奪い取って日本名をつけさせることは、彼らから伝統ないし朝鮮そのものを奪うに等しかったに違いない。この一事をみても日本が朝鮮人に対して行った仕打ちは非道であったといわれても否定できない。
 それでも「半分のふるさと」を読むと、名前を奪われても朝鮮人としての魂は奪われていないことがわかる。特に、著者の母親はすばらしい人であった。日本人にどれだけ苛められても朝鮮人としての誇りを失うことはなかった。おそらく韓国がめざましく発展したのも著者の母親のような人がたくさんいたからであろう。

 戦前・戦後を通じて在日朝鮮人そして在日韓国人について語るには非常なデリケートな問題が含まれていることは確かである。だが、私たち日本人が朝鮮半島の人たちにこの近代において何をしてきたのかを知ることと同時に彼らがどのように日本に対し思っているかを知ることは重要なことである。
 「半分のふるさと」は日本そして韓国を強く結びつける本である。私はこの本を読んで日本と韓国は切っても切れない親戚同士のような国であると正直感じた。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ


半分のふるさと―私が日本にいたときのこと半分のふるさと―私が日本にいたときのこと
(1993/05/01)
李 相琴帆足 次郎

商品詳細を見る

テーマ : 文明・文化&思想 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 半分のふるさと

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)