山川菊栄「武家の女性」を読む

東京都小石川庭園(旧水戸藩邸)に建っている藤田東湖先生の碑 幕末の主人公は薩摩・長州藩ではあるが、影の主人公は水戸藩であろう。最後の将軍一橋慶喜は烈公と呼ばれた水戸藩主徳川斉昭の子であり、桜田門外の変を起こしたのは水戸藩士であるし、天狗党の乱も水戸藩で起こった。
 幕末を語るにおいては、水戸藩を措くことはできない。倒幕の理念となった尊王攘夷運動というのも元をただせば水戸藩から生じたものであった。攘夷という言葉は水戸藩の儒者藤田東湖が唱えたものだといわれている。
 水戸藩は徳川御三家の一つである。あの水戸黄門(光圀)は家康の孫である。将軍家に跡継ぎがいないときには、徳川御三家から選ぶ。そのため徳川御三家といったら将軍家と同じも同然であった。ところが、水戸藩だけは違っていた。水戸光圀は尊王家で、水戸藩は代々天皇家を篤く敬う家系であった。徳川幕府は身内に獅子身中の虫を抱えていたことになる。
 幕末、水戸斉昭は尊王攘夷を声高に唱え、水戸藩は尊王攘夷派と佐幕派の二つの派に大きく分かれた。すなわち、斉昭・東湖を中心とする尊王攘夷派(天狗党といわれる)と佐幕の保守派(諸生党とよばれる)に分かれたのである。この二派の対立が天狗党の乱を生み出したのである。
 天狗党の乱によって、天狗党の関係者は厳罰に処された。当事者だけでなく、その家族にも罰は及んだ。妻・子供たちも殺されるか、牢に繋(つな)がれた。
 天狗党の乱の後は、諸生党が権力を握ったが、戊辰戦争が起こると、諸生党は官軍によって制圧された。このとき、天狗党の残党は諸生党に復讐をした。まさに血で血を洗う復讐であった。この復讐劇は明治初めまで続いた。
 幕末・明治維新を通じて、水戸藩は内乱に継ぐ内乱だといってよい。それでも政争に関係のない一般の人たちは日頃と変わらぬ生活をしていた。一般の人たちに乱の累が及ぶのは最後の最後である。
 はたして歴史に残らない名も知れない人たちの生活はいかばかりであったろうか。この疑問に見事に答えてくれるのが、山川菊栄著「武家の女性」である。

 「武家の女性」は幕末から明治維新まで水戸藩士の娘として成長した女性の思い出の記録である。
 山川菊栄は社会主義者山川均の妻である。菊栄自身も社会主義者である。だからといって、「武家の女性」が社会主義を喧伝するものではない。「武家の女性」は当時の水戸藩の状況と中級武士の生活をおとぎ話のように語ったものである。たいへんわかりやすく格調の高い文章である。歴史資料としても一級品であるし、民俗学の書としても名著である。この本が出版されるときには柳田国男が力添えをしたらしい。
 「武家の女性」は菊栄の母千代の思い出が中心である。千代の生家は中級武士の家で、父親は家で塾を開いており、藩の仕事としては歴史書の編纂をしていた。
 武士の日常の生活についてこまごまと書かれている。習い事・きもの・身だしなみ・食べもの・すまい・遊びごと・結婚と離婚について、そして当時の水戸藩の政治状況がたいへん詳しく書かれている。
 驚くのはあれだけ内乱に継ぐ内乱であっても、女・子供の世界は別世界であったということである。その世界では時間はゆるやかに流れていた。子供たちは習い事や遊びごとに夢中になっている。江戸の武士ののどかな生活風景が醸しだされている。江戸を知るには最高の本である。

 私は江戸時代に生きた人たちの実際の生活を書いた本を読むたびに思うのは、現代人は江戸時代の人たちよりはたして幸福なのだろうかということである。便利さといったら現代の方がはるかに便利であるが、幸福という観点から見ると、江戸時代の人の方が上ではないのか。
 江戸時代には現代人が忘れた古きよきものがあるような気がする。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ


 写真は、東京都小石川庭園(旧水戸藩邸)に建っている藤田東湖先生の碑です。

武家の女性 (岩波文庫 青 162-1)武家の女性 (岩波文庫 青 162-1)
(1983/04/16)
山川 菊栄

商品詳細を見る

テーマ : 文明・文化&思想 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 武家の女性

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)