山中伸弥 益川敏英「『大発見』の思考法 iPS細胞vs.素粒子」を読む

 iPS細胞は夢のような細胞である。iPS細胞は人工多能性幹細胞といい、この細胞から人間のあらゆる器官を作りだすことができる。人の皮膚の細胞から腎臓・肝臓などができることになるのである。この細胞があれば将来、人工透析はなくなるかもしれない。まさに21世紀の、いや人類史上画期的な大発見である。一刻も早い実用化が待たれる。
 iPS細胞を考え出したのは京都大学教授の山中伸弥である。山中はノーベル医学賞に最も近い日本人だといわれている。
 日本人の世界的な科学者は大きく2つのグループに分かれるように思われる。1つのグループは戦前生まれの人たちであり、もう1つのグループは戦後生まれだが、大学卒業後、主にアメリカなど海外で研究生活を送った人たちである。戦後生まれで、日本だけで研究生活を送って、世界的な研究をしたという研究者は少ない。
 現在、日本は科学立国にするために、優れた研究者を養成すると国は声高に叫んでいるが、実際には、大学生の理工系離れは深刻である。高等学校で物理を履修する人は20パーセント以下である。はたして、日本は科学立国になれるのであろうか。
 優秀な科学者の卵はほとんどがアメリカに留学する。日本では最先端の研究ができないのであろうか。できないなら、なぜできないのであろうか。
 優れた科学者とは個性的である。逆に、個性的でない人に画期的な研究ができるはずがない。日本の大学では個性的な人が研究できないしくみになっているのだろうか。
 高等学校の教育をみても、教育指導要領などでは個性を伸ばす教育を謳っているが、本当に個性を伸ばそうとしているのか。センター試験を見ても、まさに没個性の試験で、この試験では人の個性など計れない。
 個性を伸ばすというフレコミで、国立大学に後期試験の制度ができた。この制度は数学や理科などある教科が得意な人のための試験制度であるが、現在では制度そのものがなくなりつつある。
 東京大学は日本で一番優れた大学だといわれているが、戦後生まれの東大卒業生のうちで、ノーベル賞または数学のフィールズ賞を受賞した人は1人もいない。これはどう考えてもおかしい。日本の教育は本当にだいじょうぶなのだろうか。
 世紀の大発見をするには何が必要なのか。山中伸弥と益川敏英の対談<「大発見」の思考法>の中にその答えがありそうである。

 益川敏英はクォークが6個あることを予想し、それが正しかったことによってノーベル物理学賞を受賞した物理学者である。益川は戦前生まれである。益川・山中ともに東大卒ではない。益川・山中は2人とも大発見をした人であり、2人の対談は含蓄のある内容でいろいろと示唆に富む。やはりどこか違うのである。
 山中は臨床医から基礎研究の道に進んだ人で、1度挫折を味わっている。山中はアメリカで研究するにおいて非常によかったこととして、2つのことをあげている。1つは、アメリカ人は失敗を責めないということである。逆に、優れた研究をするためには2度や3度の失敗は当たり前だと思い、大きな失敗をする人はそれだけ大きな研究をする人だとして尊敬される。2つめはアメリカの研究者は自分を主張するのがたいへんうまく、プレゼンテーション能力が高いという。山中もプレゼンテーション能力をあげるために勉強したという。
 益川のすごいところは、物理の研究そのものを趣味のようにたのしんでいることである。傍からみると苦しそうな研究でも益川本人はたのしんでやっているのである。だから、益川には挫折はない。益川にとっては失敗は単なる通過点なのである。
 2人の共通点は、すべての教科の基本を国語においていることである。物理・数学もまず国語力がなければならないという。

 こうやったら天才科学者が育つという教育法などあるはずがないと思うが、こうやったら天才科学者は育たないという教育法はあると思う。日本はそろそろ本気になって教育を見直す時期にきているのではないだろうか。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ


「大発見」の思考法 (文春新書)「大発見」の思考法 (文春新書)
(2011/01/19)
山中 伸弥、益川 敏英 他

商品詳細を見る

テーマ : 勉強 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 「大発見」の思考法 iPS細胞vs.素粒子

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)