垣添忠生「悲しみの中にいる、あなたへの処方箋」を読む

 東日本大震災によって多くの人たちが亡くなられた。ご冥福を祈るばかりである。
 さて、世はこぞって<がんばろう>の大合唱である。これから復興していく東北の人たちに向けて元気付けることはとてもよいことだとは思うが、愛する家族を失った人たちにとって、<がんばろう>の掛け声はいかがなものであろうか。
 突然、親・子・妻・夫そして兄弟を失った人たちの気持ちは経験してみないとわからないかもしれない。想像を絶するような悲しみに襲われるのであろう。
 愛する人と死別した悲しみはどんなに強い人間をも打ちのめすのであろうか。私は愛する人との死別について考えるとき、文芸評論家の江藤淳を思い出す。江藤は妻を亡くした数年後、自死した。私にとって江藤の死は衝撃的だった。私は江藤は絶対に自死するような人ではないと思っていたからだ。江藤の自死はうつ病が原因らしかったが、うつ病になった理由の1つに愛妻の死が間違いなくあったと思う。愛妻の死後に書かれた「妻と私」を読むと、江藤が妻のことをいかに愛していたか、そして妻と一体化していたかがよくわかる。
 愛する人と死別するのは苦しいことかもしれないが、残されたものはやはり生きていかなければならない。考えてみれば私たちはいろいろと教育を受けてきたのだが、愛する人と死別したらどう対処するかについては教わったことがない。このことが、悲惨な事故にあって死んだ被害者の遺族たちに対するマスコミの遺族の気持ちを無視した執拗な取材を生む原因になっているのではないだろうか。

 愛する人たちと死別したとき、私たちは一体どうしたらよいのであろうか。垣添忠生著「悲しみの中にいる、あなたへの処方箋」はこの問いに対して1つの答えを与えてくれる貴重な本である。
 著者の垣添はがんで妻に先立たれた。医者として地位も名誉もある垣添でも、愛する妻を失った悲しみには勝てなかった。どうしようもない状態になった。完全に打ちのめされたといってよい。悲しみから逃れるために酒を浴びるほど飲んだが、酒の味はしなかった。何もする気がなく、うつ状態になり、自死まで考えた。
 このような経験をもっているので、垣添の述べていることには誠実さがあり、説得力がある。垣添は妻が亡くなって、気持ちが落ち着いてから、愛する人と死別したときにどう対処したらよいかを医学的に研究した。「悲しみの中にいる、あなたへの処方箋」はこの研究の成果を述べたものである。
 この本のすばらしさは、適切な処置をすれば、どんな悲しみからでも立ち直ることができるということをいろいろな例を出して実証していることである。言葉だけで<がんばろう><かならずなおる><元気だそう>といっているのとはわけが違う。
 とにかく、垣添は悲しみから逃げることなく、悲しみと正面から向き合うことをすすめている。悲しいときは思い切り泣き、そして回りのことは気にするなといっている。涙が出なくなるまでまず、泣くことである。逆に、一番怖いのは気丈に振舞うことだといっている。この気丈さが心を蝕んで最後に取り返しのつかないことになる可能性が高いことを指摘している。
 この本の最後に、死んでゆく人たちの心を救いたいとの思いでターミナルケアを志し、現在ではターミナルケアの第一人者になった聖路加国際病院理事長の日野原重明氏と、また死について長年研究してきた上智大学名誉教授のアルフォンス・デーケン氏との対談が載っている。この2つの対談はたいへん示唆に富むものである。

 人間はかならず死ぬものである。だからこそ死について考えることが必要なのである。愛する人たちと死別された方には、気持ちが少しでも落ち着いたらぜひとも「悲しみの中にいる、あなたへの処方箋」を読んでほしい。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ


悲しみの中にいる、あなたへの処方箋悲しみの中にいる、あなたへの処方箋
(2011/02)
垣添 忠生

商品詳細を見る

テーマ : 読書感想文 - ジャンル : 小説・文学

Tag : 悲しみの中にいる、あなたへの処方箋

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)