森茉莉「父の帽子」を読む

東京三鷹禅林寺にある森鴎外の墓 明治の精神を知るには森鴎外を読めと述べたのは永井荷風であった。鴎外は明治の精神そのものであった。明治の精神とは、津波のように押し寄せる西洋の文化を咀嚼し、それでいて日本を見失わない精神であると私は思う。
 夏目漱石は西洋の文化に触れていささか動揺したが、鴎外は動揺することなく思い切り吸収した。
 明治を強く象徴するのが軍隊である。医者である鴎外は陸軍に勤務し、軍医総監にまで登りつめた。鴎外は陸軍に籍を置くことに誇りを感じ、軍服姿をこよなく愛した。毎朝、軍服を着こなし、サーベルをさげて、馬に跨って陸軍省に出勤した。
 鴎外は文の面でも、武の面でも飛び抜けた人であった。人格者であり、包容力抜群の大きな人であった。たくさんの文士たちが鴎外を師として慕った。司馬遼太郎は明治を国家となぞらえた。明治を国家たらしめた1つの理由が鴎外の存在だと私は思っている。
 鴎外は近代国家日本の強くやさしい父親のような人であった。

 鴎外には3人の息子と2人の娘がいた。長女が森茉莉である。茉莉の「父の帽子」は主に父鴎外について書いた随筆集である。さすが鴎外の娘と思わせる格調高い文章で綴られている。
 茉莉とは日本人離れした名前である。マリアからとられた名前でる。茉莉の下の弟の名は不律(ふりつ)であり、これはフリッツからとった。鴎外は子供たちの名前をドイツ人の名前からとったのである。
 講談社文芸文庫の「父の帽子」には、「父の帽子」を初めとして16編の随筆が収められている。
 「父の帽子」はタイトルの通り、鴎外の帽子について書かれている。鴎外は脳味噌が大きかったためか、頭がひどく大きく、そのため、鴎外に合う帽子は普通の店では売ってなかったという。そういえば、私は鴎外が帽子を被った写真を見たことがない。
 特に興味深かったのが、茉莉と不律が百日咳にかかったときの話である(「二人の天使」「注射」)。
 鴎外は「金比羅」という短編で、子供たちの病気のことを扱っている。この小説は私には印象深いものである。私は金比羅に何度も行った。金比羅の本殿にいくまでの700を超える階段を登り切ることがいい運動になったからである。鴎外に金比羅について書かれた小説があると知って、早速読んだのが「金比羅」であった。読んで驚いたのは、鴎外が金比羅に来たことは書かれているが、それは最初の部分だけで、この小説の主題は5歳の娘と2歳の息子が百日咳にかかったことについてであったからだ。2歳の息子は看病のかいなく死んでしまい、娘もあぶなかったが、助かった。
 このとき病気のことを茉莉は詳しく書いている。茉莉が回復したのは奇跡に近いことであり、鴎外は茉莉があまりにも苦しむので、安楽死を考えたという。安楽死が鴎外にとって切実な問題であったことを私は発見した。「高瀬舟」が書かれたのは茉莉の回復以後である。
 鴎外は茉莉を心の底から愛した。また、茉莉も<パッパ>といって、執筆中でも鴎外にまとわりついた。茉莉は鴎外をキリストのようだといっている。
 鴎外の家は観潮楼と呼ばれ、定期的に鴎外を慕う文学者が集まった。石川啄木もその中のうちの1人であった。その文学者たちの会合はたいへんにぎやかだったという。茉莉も会合に出た。
 茉莉は16歳のときに結婚するまで、鴎外の愛を一身に受けて成長した。結婚・離婚を2回繰り返し、経済的にも苦しんだことがあった。それでも、茉莉の心にはいつもキリストのような鴎外がいた。

 文学者としての森茉莉は一流である。三島由紀夫は森茉莉の作品を高く評価した。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ


観潮楼跡(現文京区立森鴎外記念館) 写真上は、東京三鷹禅林寺にある森鴎外の墓です。娘である森茉莉の墓もあります。 向には太宰治の墓所があります。
 写真下は、森茉莉が生まれ育った観潮楼跡(現文京区立森鴎外記念館)です。当時は、観潮楼より東京湾が一望できました。
 ブログ「名作を読む」には以下の通り森鴎外作品の読書感想文を掲載しています。


父の帽子 (講談社文芸文庫―現代日本のエッセイ) 父の帽子 (講談社文芸文庫―現代日本のエッセイ)
(1991/11/01)
森 茉莉

商品詳細を見る

テーマ : エッセイ/随筆 - ジャンル : 本・雑誌

Tag : 父の帽子

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)