外山滋比古「思考の整理学」を読む

 3月11日に東日本大震災が起こってから、4ヶ月近くたっても、未だに福島原発事故がいつ終息するかがわからない。日がたつうちに事態が好転しているのならともかく、事態がよくなっているようには露とも感じられない。いろいろと手を尽くしているようには見えるが、光は全く見えない。
 日本はこれまで技術大国と自負してきたが、今や日本の技術力に対して不信の目が向けられている。はたして日本の技術力は本当に優秀なのであろうか。
 今回の大震災によってはからずも日本の教育の問題点があきらかになった。今まで経験したことのない状況になると、ほとんど機能しない人間を作り出すのが日本の教育のようだ。
 日本の教育では、答えのあることしか教えていない。答えのある問題の要領のよい解き方は教えてくれるが、答えのない問題にどう対処していくかについては全くといってよいほど教えてくれない。日本の教育はただ単にマニュアル人間を育てているにすぎない。
 目標すらも先生が決めるもので、生徒たちは与えられた目標に到達するために努力する。目標にいかに速くそして正確に到達するかが優秀といわれるかの基準である。東大生というのは、与えられた課題を速く正確に処理するという意味において、優秀なのである。創造性が豊かであることと優秀であることとは無縁である。逆に、創造性のある人間は現在の教育制度の中では排除される。
 原発を推進した人たちのほとんどが東大を筆頭とする一流大学卒であり、原発の研究の先頭にたつのが東京大学の教授たちである。彼らは今回の事故について、「想定外の事故」だといって自己弁護している。「想定外」とは「答えのない問題に対しては私たちは解答を求めない」といっていることと同じである。答えのない問題を解決しようとすることが、人類の進歩につながると思うのだが。

 外山滋比古の「思考の整理学」は、新しい考えを導くには頭の中をどう整理したらよいかを解説した本である。なるほどと感心させられることが多い。このような本が書けるのは、外山自身がつねに創造的発想を心がけているからであろう。
 外山は大学教授である。外山には強い危機意識がある。それは、大学生たちが誰かの力を借りれば思考することができるが、自らの力で思考することができないことである。外山はこのような人間をグライダー人間と呼び、自らの力で考えられる人間を飛行機人間と呼んでいる。あきらかに、日本の教育はグライダー人間を養成していると見ているのである。外山のこの指摘は日本の教育の本質をついている。今の大学生たちは自分で卒論のテーマも決められないのである。グライダー人間の行く末が「想定外」といえば許されると思っている社会の指導層である。
 新しいことを考えるのは至難の技である。歴史に名を残す人たちはどのようにして頭を働かせたのであろうか。詰め込み式に、やたらと知識を吸収しても新しい発想はできないと外山はいう。頭に入れた知識を整理し、再構築しなければならない。そのためには忘れることが非常に大事だという。
 また、ただやみくもに考えても駄目である。創造性のある考えをするにはそれなりの考え方があるというのがこの本の論点である。いろいろな例を出して、この論点の説明をしている。どれも説得力のあるものである。
 外山は発想力をつけるには文学を読むことをすすめている。その理由も納得できるものである。

 世の中に出たら答えのある問題などほとんどない。答えのない問題に対してどう挑んでいくか、その力を養うのが教育であるはずだ。
 若い人特に大学生に「思考の整理学」を読んでほしい。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ


思考の整理学 (ちくま文庫)思考の整理学 (ちくま文庫)
(1986/04/24)
外山 滋比古

商品詳細を見る

テーマ : お勧め - ジャンル : 本・雑誌

Tag : 思考の整理学

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)